お金を借りる際の勤続年数の重要性

お金を借りる際、勤続年数は非常に重要なポイントとなります。 私たちが借りる際に利用するのは、銀行か消費者金融が最も一般的です。 どこで借りるとしても、申込書には勤続年数を記入する欄が設けられており、必ず申告しなければならない条項の一つとなっています。



勤続年数はどれくらい必要か

銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借りる際、各金融機関で用意してある決められた申込書に記入しなくてはなりません。 申込書には、住所・氏名の他に勤務先や現在の役職、年収、勤続年数の他、居住期間などの情報を正確に記入し、それをもとに各金融機関が融資の審査を行っています。 そこで気になるのが、勤続年数がどれくらいあれば借りる事ができるのか?です。 融資の条件として各金融機関が設けている規定はそれぞれです。 これは例えば原則3年以上なければならないとするところもありますが、これは1年で良いとするところもあります。 ですが、一般的には「1年以上」あれば大抵は借りる事が少なからずできます。 このご時世ですから職種のキャリアアップのために職を進んで変える方も増加しています。 その際には結果的には審査に影響が少なからず過去のデータとしては出ることを頭に留めておき、これは絶対に欠かさずチェックを随時忘れてはいけません。


パートやアルバイトの場合

短期パートやアルバイトといった非正規雇用の場合でも、やり方によっては十分なお金を借りる事ができます。 ただし、昼間のパートやアルバイトの場合には、個人の返済能力を判断する意味です。 一定期間以上にわたって安定した収入があるかどうかが重視される傾向にありますので、特に重要になります。 ですから、一般的な会社員なら1年以上あれば問題ないとされる勤続年数も、パートやアルバイトの場合には、もう少し長い方がスムーズに厳しい審査に通ると言えます。


無職・主婦・高齢者の場合の勤続年数

無職や主婦・高齢者の場合、銀行等でお金を借りるのは信用がないので非常に困難となります。 このような状況に置かれている場合は本人が就業しておらず収入がない場合が多く、この返済能力が疑問視されるためです。 しかし最近では、一部の消費者金融において「無職OK、勤続年数短めOK、主婦・高齢者OK、無審査」などをうたい文句に利用者を募ると言う行為が目立っています。 例えば専業主婦などは、本人にはアルバイトでの自立できる満足な収入がなくても配偶者の高額な収入によって返済能力があると判断され、借りる事ができてしまいます。 さらに、65歳以上の高齢者の場合は2ヶ月に一度の公的な年金が収入とみなされます。 それに伴って、借りる事が出来る場合も少なからずケースとしてはあります。 しかし、結果としてスキルや技術と計算された甘い誘い文句には恐ろしい罠が待ち受けているという事も現状では少なくないため、こうした利息についての説明をはじめ返済に関する説明、返済プランなどをしっかりと聞いた上で利用するようにしなければ、後で返済に行き詰まり、さらに他の金融機関から「返済のためにお金を借りる」という事が起こりかねません。

日本ではお金を借りる事を悪と見る動きがあります

現在日本にはお金を借りるための様々な許可を受けた業種がありますが、未だに消費者金融に融資を受けることは悪い事、良くない事という見方をする人は少なからず存在します。 住宅、車などやクレジットカードでの分割払いではそのような傾向は特にありません。 基本的に借りているという事実は変わらないのに何故このような社会的価値観の偏見が産まれるのでしょうか。 ストレスのない豊かな暮らしや生活をしていく上で必要な分だけ審査を受けて借りて金利を付けて返済を期限を守ってしていけてれば決して悪い事ではありません。 ましてや不安定な経済状況の中、様々な方法を駆使して生活を立て直そうとしているのであればむしろ何もせず生活保護を不正に受給しているよりも良いのではないでしょうか。 システム上、一生懸命働くよりも楽をしていい暮らしをできることはすぐに改善しなくてはいけない大きな問題です。 一部ではコンビニエンスストアのATMや無人契約機で簡単に初回の契約ができてしまう事の危険が騒がれていますが、問題はそこではなく返済できなくなり自己破産や債務性をしなくてはならない状況になってしまう事や自殺をするまで追い込まれてしまう事です。 少なからず昔と比べると首を吊ったり、線路に飛び込んだりする人は数字的には増加しています。 消費者金融にお金を借りることに対してプライドが邪魔したり、誰かに知られてしまう事を恥じるお客様は多くいますが、それよりも少しでもアルバイトやパートでも仕事を早く見つけて早く安心できる生活を取り戻すことを優先しましょう。 安定した暮らしをするための土台を作るために綿密な意味のあるプランをしっかり建てて借金をするのであれば他人の目を気にすることはありません。 家族や子供がいる場合はまず誰かに相談やアドバイスを心から受けれる話をしましょう。 ポイントとしては自分だけで解決できない問題であれば市区町村の窓口で相談する事も外せない大切な事です。

個人間融資

このページの先頭へ