個人間融資の内容とシステムとは

個人間融資とは、ソーシャルレンディングとも呼ばれ、p2pの間での貸し借りが行われるオークション形式の取引を指しています。 通常、お金を借りる際に利用される事が多いのは信用ある銀行または消費者金融などです。 こういった負債が多額に上っている人や借入件数の多い人・そして返済が数ヶ月以上滞っている人などは所謂ブラックとされます。 結局はそれ以上借りる事ができなくなっています。 しかし、どうしても緊急事態で今すぐに必要だとする人や事故のあるブラックです。 銀行や消費者金融などに借りる事が一切出来ない人をここでは対象として貸してくれるのが、このシステムの特徴なのです。



個人間融資のメリット

個人間融資の最大のメリットは、できるだけ低い利子で誰でも借りる事が出来るという点、有益なポイントは借り過ぎかの審査が不要だという点です。 このシステムでは、借りたい人と貸したい人が希望額や利子について掲示板でアピールを行い、オークション形式で契約が成立する仕組みを採用しています。 オークション形式で契約が成立しているため、借りる側も貸す側も、利子等についても全て双方の合意が得られた事になります。 また、所謂ブラックとなりどこも簡単にはお金を貸してくれなくなっていてもです。 、余計な審査がないため色々調べられたり「貸してもらえないかもしれない」というような不安がありません。

個人で無職に金貸し

個人間融資のデメリット

個人間融資の最大のデメリットは、信用と言う点です。お金を借りる側はまず、いくら必要なのかの他に、固定電話などの連絡先等を掲示板に書き込まなくてはなりません。 第三者や悪徳系企業へのプライベートな情報の外部流出という点で非常に不安が残ります。 また、お金を貸す、融資する側も、どこの誰とも知らない不明な人に大切な財産を無条件で貸す事になります。 返済が1回も行われなければ、全て丸損となってしまいます。 つまり、「信頼関係」のみに頼った危険な貸し借りだと言えます。 ですからまずはお互いに疑わない信じられる密な疑わない間柄にならなければいけません。 いくら流行のソーシャルレンディングを仲介する一部上場企業が入ったとしても気持ちよく最初の融資の取引を行うにはどうするべきなのでしょうか。 どうにかして誠意をしっかりと見せなければいけませんし返済日も守らなければいけません。


トラブルが個人間融資で起こった場合

個人間融資で返済がされないなどの押印がある文章で残してない民事トラブルが起こった場合、全て当事者間で上手に解決しなくてはなりません。 ネットの無料掲示板の書き込みを通じて行われた際のPCメールのやり取り、合意、契約に関して、掲示板のサーバー運営者には責任がないためです。 また、個人間の契約であるという事を悪用する人も中にはいるため、お金を貸す側は十分な注意をする必要があり、借りる側も「本当に困っている時に助けてもらえた」という事をしっかりと認識し、誠意を持って返済を行うよう努める必要があります。 この斬新な難しいシステムでは、質の良い貸し手が別途に見つかれば、金融機関や業者のような立場ではなく、末端の消費者目線でお金を貸してくれるため、本当に助けられる事になります。


このページの先頭へ