国の教育ローンのシステムやその制度とは

国の教育ローンとは、日本政策金融公庫が行う教育一般貸し付けの事を指しています。 大学や大学院をはじめ、高等学校、専修学校など修業年限が6か月以上であり、中学卒業以上の人を対象とした教育機関へ通う事を目的としたローンです。 仮にこれが国の場合にも当然の事ながら専門の審査による細かいチェックがあります。 これは一部では民間の商品よりも審査基準は厳しいと言われています。


審査基準はどんな条件や内容に教育ローンはなっているのでしょうか

国の教育ローンを利用する時には、必要書類を多数揃え、またここで不備なく提出しなければなりません。 提出された書類をもとに、申込者の就業状況、世帯所得、家族状況などをはじめ、金融機関等よりの借入状況、返済状況、ローン返済状況、公共料金支払い状況などを総合的に判断し、審査基準を満たすか確認しています。 場合によっては公共料金の支払い状況等がわかる書類を提出するよう言われる事も稀にですが、これは当然あります。 このように、定期的な支払いや返済状況が重視される傾向にあります。 年間所得が基準以下で非課税で低く、母子家庭など不利と思われる状況にある困窮した人でもです。 こうした借り入れに対する返済を欠かさずきちんと行っていたり、過去に税金や光熱費の公共料金の滞納がないなど、支払い状況がしっかりしていれば特には問題はないとする意見もきかれます。

教育ローンの利用には所得制限がある

国の教育ローンの利用には、様々な審査基準がありますが、もっとも一般的なのが家族全体の年間の所得制限です。 申込者の扶養している子供の人数が1人の場合は790万円以内(事業所得者の場合には590万円)、2人の場合は890万円(事業所得者の場合には680万円以内)など、扶養している子供の人数によって大きく異なります。 また、例えば所得制限に上限がひっかかり審査基準のラインを完璧に満たさない属性の人でもです。 給与所得が990万円以内(事業所得者の場合770万円以内)で、これが現在の職場に就職して3年未満や、居住年数が1年未満などの一定の条件を満たす場合には国のこのような制度を利用する事ができるとしています。

融資金額と返済をしっかりと教育ローンのプランを建てる

審査基準を満たしている申請者の方は、300万円までの融資を優先的に受ける事ができます。 国の教育ローンで借りたお金は、入学資金や受験費用、進学のために一人暮らしの狭いアパートを借りる費用などに使用する事ができます。 元本の返済については奨学金とは異なり、申込者である両親などの保護者が行い、マックスの期間は15年以内としています。 ただし、収入の少ない母子家庭や交通遺児家族の時には18年以内となります。 また、元金据え置き期間は義務教育の在学中とし、その間は利息のみの返済で選択肢としては比較すると良い事になっています。 利息は年2.45%ですが、金融情勢によって近年は特に変動します。 また、現段階での母子家庭の申請者は年2.05%です。


このページの先頭へ